テーマ:イスラーム

日本語で唯一のドルーズについての概説書ーー宇野昌樹『イスラーム・ドルーズ派』

宇野昌樹、『イスラーム・ドルーズ派ーーイスラーム少数派からみた中東社会』(中東パレスチナ選書)、第三書館、1996年  前の記事で、パレスチナの代表的な抵抗詩人で、かつマイノリティであるドルーズでもあるサミーハ・アル=カーシムの詩集を紹介しました。ダルウィーシュの旧友で、またダルウィーシュと双璧をなしたパレスチナの詩人です…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more