テーマ:ラテンアメリカ

グローバル・ディアスポラ叢書『ラテンアメリカン・ディアスポラ』明石書店

駒井洋[監修]『ラテンアメリカン・ディアスポラ』、明石書店、2010年  前回紹介のグローバル・ディアスポラ叢書の第6巻は、ラテンアメリカ。 【内容】 ヨーロッパの植民地であり移民受け入れ地域であったラテンアメリカは、20世紀以降急速に移民送り出し地域に転じた。プエルトリコ、キューバ、メキシコ、ペルー、アルゼンチン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

チャベスがオバマに贈ったことでベストセラー!?――ガレアーノ『収奪された大地』

エドゥアルド・ガレアーノ著、『収奪された大地――ラテンアメリカ五百年』、大久保光夫訳、新評論、1986年/新装版、藤原書店、1991年  日本の新聞各紙でも報じられているようですが、ベネズエラのチャベス大統領が、アメリカのオバマ大統領に、直接この本(英語版か)を贈呈したところ、アマゾンで売り上げ5万位台だったのが一気に2位…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more