『オルタ』09年1-2月号、特集「恐慌前夜――世界はいかに再編されていくのか?」

『オルタ』09年1-2月号、特集「恐慌前夜――世界はいかに再編されていくのか?」

画像


 例によって、アジア太平洋資料センター(PARC)の隔月誌『オルタ』
 特集については、同サイトより引用。

 現在、私たちが直面する世界規模の経済収縮は、金融危機、大不況といった次元を超え、未曾有の恐慌(パニック)へと歩みを進めつつある。天文学的な額の国債発行も、いずれ行き詰まることは避けがたい。予想されるのは国債の引受先の「枯渇」であり、基軸通貨・米ドルの大幅な減価による資産急落もいよいよ現実味を帯びてきた。文字通り100年に一度、深刻で長期的な危機へと発展していくのかもしれない。特集では、歴史的な構造変化と危機拡大の全貌を検証しながら、私たちの暮らしの足元で「いま起きてること」「これから起こること」を説き明かしていく。とりわけ日本の危機は深刻だ。暴風雨吹きすさぶなか、「対岸の火事」も炎はこちらに向かいつつある。他人事の運動では済まされない。今度こそ私たちの意思と責任が問われるだろう。


 編者・細野秀太郎さんの力の入った特集号です。

【特集目次】
* ロングインタビュー 本山美彦(経済学者)
* 出稼ぎ労働者の「暴動」と中国社会 小原江里香(中国研究)
* グローバル恐慌下の地球経済 浜 矩子(エコノミスト)
* 食料価格高騰の顛末、そして経済不況(南ア) 津山直子(JVC)
* 日常生活=運動─三つの移行から 廣瀬 純(映画論)
* 金融危機とオルタナティブ 稲垣 豊(ATTAC Japan)
* 忍び寄る農業恐慌と企業参入 大野和興(農業ジャーナリスト)
* 「お金」崩壊に突き進む世界経済 青木秀和(財政アナリスト)

 特集外で注目は二つ。
・東琢磨さんによる、「沖縄――見たことのない映像」の連載が始まりました。
 1回目は「オキナワ/ヒロシマ・ノワール1」
・ドキュメンタリー映画『長江にいきる』のフォン・イェン監督のインタヴュー。

 あと、私事で恐縮ですが、今回は二つ小さな記事を載せました。
「オバマ新大統領とパレスチナ和平」、それから、アザン『占領ノート』の書評。

 以上簡単ですみませんが、紹介まで。
 隔月でこういう雑誌を手にするのも、いろいろ勉強になると思います。

にほんブログ村 本ブログへ