パラムせんだいで金泰明さんとの対話集会(3月21日・仙台市)ーー金泰明『欲望としての他者救済』

金泰明『欲望としての他者救済』(NHKブックス、2008年)

画像


 以前紹介しました、『欲望としての他者救済』の著者、金泰明さんを仙台にお迎えして、対話集会を開催します。ご参加ください。

パラムせんだいの集い
 人権思想・市民社会論の研究者
  金泰明さんとの対話


 人権の思想の研究をされている金泰明(きむ・てみょん)さんを東京から仙台にお招きして、「対話集会」をします。
 泰明さんは、昨年、『欲望としての他者救済』(NHKブックス)という本を刊行され、在日朝鮮人としての生い立ち・学生時代、在日の政治犯救援運動を長く担われた経験、そして哲学史や倫理学の道に入られてからの教育経験を通して、「私」と「他者」との間の助ける/助けられるという関わりについて、丁寧に思考の道を示されました。
 また泰明さんは、パラムの早尾が東京でいろいろお世話になっている人でもあります。そこで今回はその縁で、仙台に足を運んでもらえることになりました。
 泰明さんの著書のこと、そして著書以外のさまざまなことについて、泰明さんと話し合ってみませんか。「私」とは?「差別」とは?「人権」とは?「市民社会」とは? 泰明さんは人生を賭けてこれらの問いにぶつかり、もがき、思考を深めてきました。私たちも直面している同じ問いをめぐって、泰明さんと対話をしましょう!

パラムせんだいの集い「金泰明さんとの対話」
日時:2009年3月21日(土)14:30~17:30
場所:仙台市民活動サポートセンター・研修室3
参加費:500円
問い合わせ:早尾(p-sabbar[at]mrg.biglobe.ne.jp メールをするときに[at]を@に変えてください)

金泰明(きむ・てみょん)氏の著作
『マイノリティの権利と普遍的人権概念の研究――多文化的市民権と在日コリアン』(トランスビュー、2004年)、『共生のための二つの人権論』(トランスビュー、2006年)、『欲望としての他者救済』(NHKブックス、2008年)


にほんブログ村 本ブログ 学術・専門書へ


欲望としての他者救済 (NHKブックス 1121)
日本放送出版協会
金 泰明

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ