イスラエル建国60年の思想的意味と「国民/民族」の行方ーー早尾貴紀『ユダヤとイスラエルのあいだ』

早尾貴紀、『ユダヤとイスラエルのあいだーー民族/国民のアポリア』、青土社、2008年

画像



【一言コメント】
 ちょうどイスラエル建国60年にこの本を出しました。
 「ユダヤ人国家」とは何なのか、「パレスチナ問題」とは何なのかを、自分自身、根本から考え直そうと試みた一冊です。
 たんなる現地ルポや時事論でもなく、あるいは抽象的な思想論でもなく、その中間で踏みとどまろうとしました。そのどちらにも十全に目を配りつつ、両側面について妥協なく論じたつもりです。
 ぜひお読みください。

 なお、朝日新聞の書評欄(5月18日)で、作家の奥泉光さんに取り上げていただきました。感謝です。
 http://book.asahi.com/review/TKY200805200153.html

 さらに、週刊金曜日(5月23日号)の「本橋哲也の選ぶ3冊」でも取り上げていただきました。



【目次】

序章 「偽日本人」 と 「偽ユダヤ人」

第一部 「イスラエル」 の原点 普遍性と特殊性のアポリア

 第一章 ユダヤ人国家か国民国家か
 第二章 ユダヤ人国家か二民族共存か
 第三章 マルティン・ブーバーの共同体論と国家
 第四章 ハンナ・アーレントと国家創設のプロジェクト

第二部 「イスラエル」 の現在 リベラリストたちの葛藤

 第五章 ハンナ・アーレントの 「沈黙」
 第六章 ジュディス・バトラーの 「躊躇」
 第七章 アイザイア・バーリンの 「矛盾」
 第八章 エドワード・サイードの 「格闘」

終章 イスラエル/パレスチナにおける国家理念の行方

にほんブログ村 本ブログ 学術・専門書へ


ユダヤとイスラエルのあいだ―民族/国民のアポリア
青土社
早尾 貴紀

ユーザレビュー:
アーレントの沈黙イス ...
イスラエル/パレスチ ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ