アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「梅木達郎」のブログ記事

みんなの「梅木達郎」ブログ

タイトル 日 時
ジャン・ジュネの伝説的な名ルポルタージュ、単行本となって刊行!『シャティーラの四時間』インスクリプト
ジャン・ジュネの伝説的な名ルポルタージュ、単行本となって刊行!『シャティーラの四時間』インスクリプト ジャン・ジュネ『シャティーラの四時間』(鵜飼哲/梅木達郎=訳)、インスプリプト、2010年 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/06/28 21:12
3月5日は梅木達郎さんの命日です
3月5日は梅木達郎さんの命日です 梅木達郎、『支配なき公共性ーーデリダ・灰・複数性』、洛北出版、2005年、他 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/03/05 23:41
ミシェル・ドゥギー氏来日、講演・詩朗読など(3月17〜19日、東京、仙台、福岡)
ミシェル・ドゥギー氏来日、講演・詩朗読など(3月17〜19日、東京、仙台、福岡) ミシェル・ドゥギー『愛着――ミシェル・ドゥギー選集』、丸山誠司訳、書肆山田、2008年 ミッシェル・ドゥギー、『尽き果てることなきものへ――喪をめぐる省察』、梅木達郎訳、松籟社、2000年 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/02/27 01:56
群島論の底流にはジャン・ジュネ/梅木達郎の〈放浪〉が響いている――今福龍太・吉増剛造『アーキペラゴ』
群島論の底流にはジャン・ジュネ/梅木達郎の〈放浪〉が響いている――今福龍太・吉増剛造『アーキペラゴ』 今福龍太・吉増剛造『アーキペラゴ――群島としての世界へ』、2006年 今福龍太、『群島-世界論』、岩波書店、2008年 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/07/09 12:00
隠れた名ジュネ論、梅木達郎『放浪文学論――ジャン・ジュネの余白に』
隠れた名ジュネ論、梅木達郎『放浪文学論――ジャン・ジュネの余白に』 梅木達郎、『放浪文学論――ジャン・ジュネの余白に』、 東北大学出版会、1997年 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/05/29 12:39
梅木達郎の翻訳書を三冊まとめて紹介する――デリダ、ドゥギー、崇高論集
梅木達郎の翻訳書を三冊まとめて紹介する――デリダ、ドゥギー、崇高論集 ◆ジャック・デリダ、『火ここになき灰』、梅木達郎訳、松籟社、2003年 ◆ミッシェル・ドゥギー、『尽き果てることなきものへ――喪をめぐる省察』、梅木達郎訳、松籟社、2000年 ◆ミシェル・ドゥギー、他著、『崇高とは何か』、梅木達郎訳、法政大学出版局、1999年 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/05/28 06:02
宮崎裕助『判断と崇高』の刊行をきっかけに、梅木達郎『支配なき公共性』(洛北出版)を再読する
宮崎裕助『判断と崇高』の刊行をきっかけに、梅木達郎『支配なき公共性』(洛北出版)を再読する 梅木達郎、『支配なき公共性ーーデリダ・灰・複数性』、洛北出版、2005年 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/05/24 23:58
宮崎裕助『判断と崇高』――カントの『判断力批判』からデリダの『法の力』にいたるラディカルな論理展開
宮崎裕助『判断と崇高』――カントの『判断力批判』からデリダの『法の力』にいたるラディカルな論理展開 宮崎裕助、『判断と崇高――カント美学のポリティクス』、知泉書館、2009年 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/05/23 23:23
「他者」の哲学的な認識について――梅木達郎『サルトル』NHK出版
「他者」の哲学的な認識について――梅木達郎『サルトル』NHK出版 梅木達郎『サルトル――失われた直接性をもとめて』NHK出版、2006年 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/10/07 12:51
〈脱構築〉以降の「政治」や「正義」の所在、あり方を模索ーー梅木達郎『支配なき公共性』
〈脱構築〉以降の「政治」や「正義」の所在、あり方を模索ーー梅木達郎『支配なき公共性』 梅木達郎、『支配なき公共性ーーデリダ・灰・複数性』、洛北出版、2005年 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/08/26 12:03
「ロラン・バルト『明るい部屋』」論集成ーー「写真」の明証性(真実を写す?)をめぐる考察の数々
「ロラン・バルト『明るい部屋』」論集成ーー「写真」の明証性(真実を写す?)をめぐる考察の数々 青弓社編集部(編)、『『明るい部屋』の秘密ーーロラン・バルトと写真の彼方へ』、青弓社、2008年 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/08/24 00:36

トップへ | みんなの「梅木達郎」ブログ

早尾貴紀:本のことなど 梅木達郎のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる