アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
早尾貴紀:本のことなど
ブログ紹介
本など読まなくても生きていけますが、逆に、本の世界に没入することも、社会に対して「没関心」になることであるかもしれません。でも、個々人が古今東西を直接見ることができるわけではなく、一人一人の力は限られています。有限な人間の力を外に開き、多様性へと接続していくために、読書を重ねていこうと思います。

help RSS ブログ 新着記事

タイトル 日 時
シオニズム研究の決定版! 臼杵陽監修、赤尾光春・早尾貴紀編『シオニズムの解剖』(人文書院)
シオニズム研究の決定版! 臼杵陽監修、赤尾光春・早尾貴紀編『シオニズムの解剖』(人文書院) 臼杵陽監修、赤尾光春・早尾貴紀編『シオニズムの解剖ーー現代ユダヤ世界におけるディアスポラとイスラエルの相克』(人文書院、2011年) ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/12/07 01:41
原発導入の起点はどこか? 有馬哲夫『原発・正力・CIA』新潮新書
原発導入の起点はどこか? 有馬哲夫『原発・正力・CIA』新潮新書 有馬哲夫『原発・正力・CIAーー機密文書で読む昭和裏面史』新潮新書 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/07/05 19:56
広瀬隆『福島原発メルトダウン』朝日新書
広瀬隆『福島原発メルトダウン』朝日新書 広瀬隆『福島原発メルトダウン』朝日新書、2011年 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/05/31 17:39
「核」をめぐる全体構図を理解するーー鈴木真奈美『核大国化する日本』平凡社新書
「核」をめぐる全体構図を理解するーー鈴木真奈美『核大国化する日本』平凡社新書 鈴木真奈美『核大国化する日本ーー平和利用と核武装論』平凡社新書、2006年 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/05/25 13:23
いまこそ読むべき必読書:肥田舜太郎/鎌仲ひとみ『内部被曝の脅威』、ちくま新書
いまこそ読むべき必読書:肥田舜太郎/鎌仲ひとみ『内部被曝の脅威』、ちくま新書 肥田舜太郎/鎌仲ひとみ、『内部被曝の脅威――原爆から劣化ウラン弾まで』、ちくま新書、2005年 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/05/14 07:45
福島で内部被曝について講演決定ーー矢ヶ崎克馬『隠された被曝』
福島で内部被曝について講演決定ーー矢ヶ崎克馬『隠された被曝』 矢ヶ崎克馬、『隠された被曝』、新日本出版社、2010年 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/05/10 23:31
〈3.11〉原発大震災を考えるためにーー『現代思想』2011年5月号「東日本大震災」
〈3.11〉原発大震災を考えるためにーー『現代思想』2011年5月号「東日本大震災」 『現代思想』2011年5月号「東日本大震災ーー危機を生きる思想」 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/05/06 23:06
本ブログを休止・・・/休止取り消し、こちらで復活
 昨年、このブログをいったん休止し、ちょっと異なるスタイルで、「早尾貴紀:本のために」として新しく出直すということにしました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/05/06 22:38
本人意思確認なしの脳死・臓器移植ーー恐ろしい社会の到来
本人意思確認なしの脳死・臓器移植ーー恐ろしい社会の到来 森岡正博、『生命学に何ができるか――脳死・フェミニズム・優生思想』、勁草書房、2001年 立岩真也、『弱くある自由へ――自己決定・介護・生死の技術』、青土社、2000年 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/08/10 19:44
この8月はこれを読もうーー高榮蘭『「戦後」というイデオロギー』(藤原書店)
この8月はこれを読もうーー高榮蘭『「戦後」というイデオロギー』(藤原書店) 高榮蘭『「戦後」というイデオロギーーー歴史/記憶/文化』(藤原書店、2010年) ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/08/08 18:02
グローバル・ディアスポラ叢書『ラテンアメリカン・ディアスポラ』明石書店
グローバル・ディアスポラ叢書『ラテンアメリカン・ディアスポラ』明石書店 駒井洋[監修]『ラテンアメリカン・ディアスポラ』、明石書店、2010年 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/08/02 17:21
叢書グローバル・ディアスポラ3『中東・北アフリカのディアスポラ』(明石書店)
叢書グローバル・ディアスポラ3『中東・北アフリカのディアスポラ』(明石書店) 駒井洋[監修]、宮治美江子[編]、『中東・北アフリカのディアスポラ』、明石書店、2010年 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/07/31 13:13
丸川哲史『魯迅と毛沢東ーー中国革命とモダニティ』以文社
丸川哲史『魯迅と毛沢東ーー中国革命とモダニティ』以文社 丸川哲史『魯迅と毛沢東ーー中国革命とモダニティ』以文社、2010年 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/07/18 11:16
上山安敏『ブーバーとショーレム――ユダヤの思想とその運命』岩波書店
上山安敏『ブーバーとショーレム――ユダヤの思想とその運命』岩波書店 上山安敏『ブーバーとショーレム――ユダヤの思想とその運命』岩波書店、2009年 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/07/14 23:20
在日朝鮮人文学の起源をあらためて探る、ヂンダレ研究会『「在日」と50年代文化運動』(人文書院)
在日朝鮮人文学の起源をあらためて探る、ヂンダレ研究会『「在日」と50年代文化運動』(人文書院) ヂンダレ研究会編、『「在日」と50年代文化運動ーー幻の雑誌『ヂンダレ』『カリオン』を読む』(人文書院、2010年) ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/07/11 23:21
中東を幅広い文脈から見る概説書――酒井啓子『〈中東〉の考え方』講談社現代新書
中東を幅広い文脈から見る概説書――酒井啓子『〈中東〉の考え方』講談社現代新書 酒井啓子『〈中東〉の考え方』、講談社現代新書、2010年 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/06/30 09:00
ジャン・ジュネの伝説的な名ルポルタージュ、単行本となって刊行!『シャティーラの四時間』インスクリプト
ジャン・ジュネの伝説的な名ルポルタージュ、単行本となって刊行!『シャティーラの四時間』インスクリプト ジャン・ジュネ『シャティーラの四時間』(鵜飼哲/梅木達郎=訳)、インスプリプト、2010年 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/06/28 21:12
丸川哲史氏の台湾関係の重要書二冊(明石書店、台湾研究叢書)
丸川哲史氏の台湾関係の重要書二冊(明石書店、台湾研究叢書) 丸川哲史『台湾における脱植民地化と祖国化――二・二八事件前後の文学運動から』明石書店、2007年 陳千武『台湾人元日本兵の手記 小説集『生きて帰る』』丸川哲史訳、明石書店、2008年 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/06/24 19:16
東アジアのひいては非西欧圏の歴史と現在と未来を映す鏡として―丸川哲史『台湾ナショナリズム』選書メチエ
東アジアのひいては非西欧圏の歴史と現在と未来を映す鏡として―丸川哲史『台湾ナショナリズム』選書メチエ 丸川哲史、『台湾ナショナリズムーー東アジア近代のアポリア』、講談社選書メチエ、2010年 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/06/19 12:11
パレスチナを象徴するハンダラ君(ナージー・アル・アリーの風刺漫画)、ついに刊行!
パレスチナを象徴するハンダラ君(ナージー・アル・アリーの風刺漫画)、ついに刊行! ナージー・アル・アリー『パレスチナに生まれて』、ジョー・サッコ序文、露木美奈子訳、藤田進監修、いそっぷ社、2010年 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/06/18 09:29

続きを見る

トップへ

月別リンク

早尾貴紀:本のことなど/BIGLOBEウェブリブログ
[ ]