早尾貴紀:本のことなど

アクセスカウンタ

zoom RSS 〈3.11〉原発大震災を考えるためにーー『現代思想』2011年5月号「東日本大震災」

<<   作成日時 : 2011/05/06 23:06   >>

トラックバック 0 / コメント 0

『現代思想』2011年5月号「東日本大震災ーー危機を生きる思想」

画像


 〈3.11〉の大地震、僕は仙台で被災し、仙台はすべてのインフラと交通機関を失った孤立都市になりました。
 そして原発の爆発で、すぐに仙台を離れて関西に避難しました。7歳の小さな子どもへの影響を考えてのことです。
 その後、多くの人たちの脱出をサポートしましたし、全国の友人らからも多大な支援を受けました。
 私は、その顛末をそのままに書きました。

 その他、この原発大震災を考えるための多くの材料が盛り込まれています。現代を生きるために必読の一冊。

主な目次
【危機を生きる】
地震と日本 / 柄谷行人
「無責任の体系」 三たび / 酒井直樹
「未来」 はどこにあるのか / 西谷修
傷は残り、時おり疼く / 森達也
ヒロシマからフクシマへ / 関曠野
破綻した国家 / ハリー・ハルトゥーニアン
災害の半減期 / ブライアン・マッスミ
滂沱の涙、緩慢な Artemisia vulgaris / 長原豊

【フクシマ】
原発大震災、「孤立都市」 仙台脱出記 / 早尾貴紀
福島原発震災の政策的意味 / 吉岡斉
ゲンパツを可能にし、不能にしたもの / 飯田哲也
軍事支配の下流に置かれた 「平和利用」 / 梅林宏道
封印された 「死の灰」 はそれでも降る / 小松美彦
罰せられた過信 核国家としての日本 / ガヴァン・マコーマック
「安全神話」 はだれが作ったのか / 高橋博子
ほか

【自然とリスク】
東京を離れて / 矢部史郎
ハイブリッド・モンスターの政治学/ 土佐弘之
エコロジー論へ 崩壊状況からの思考 / 篠原雅武
ほか

【復興の前で】
ヒロシマ4と命てんでんこのあいだで / 東琢磨
災害資本主義の発動 / 塚原東吾
東日本大震災からの復興の視座 / 岡田知弘
ほか

【被災者支援】
災害の難病化とその中に見えた希望 / 中島孝
大規模複合災害における在宅医療・介護提供 / 川島孝一郎
障害者は避難所に避難できない / 山田昭義+水谷真
大震災で見えてきた在日外国人たちの姿 / 鈴木江理子
誰も殺すな 原発労働者とは誰か / 山口素明



にほんブログ村 本ブログ 学術・専門書へ


現代思想2011年5月号 特集=東日本大震災 危機を生きる思想
青土社
2011-04-27
柄谷 行人

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 現代思想2011年5月号 特集=東日本大震災 危機を生きる思想 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

〈3.11〉原発大震災を考えるためにーー『現代思想』2011年5月号「東日本大震災」 早尾貴紀:本のことなど/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる