早尾貴紀:本のことなど

アクセスカウンタ

zoom RSS 上山安敏『ブーバーとショーレム――ユダヤの思想とその運命』岩波書店

<<   作成日時 : 2010/07/14 23:20   >>

トラックバック 0 / コメント 0

上山安敏『ブーバーとショーレム――ユダヤの思想とその運命』岩波書店、2009年

画像


 先日初めて、あるシンポジウムで著者にお目にかかりました。ご高齢にもかかわらず、というか、年齢を感じさせない、旺盛な学究心と執筆力に感服しました。
 本書は、私の『ユダヤとイスラエルのあいだ』(青土社)の問題意識と強く重なるものです。が、本書のほうはとりわけ、ゲルショム・ショーレムに徹底的にこだわっていて、その意味では、稀有なショーレム研究の書とも言えます。
 また、ショーレム弟子筋の、現代イスラエルにおける「ポスト・シオニズム」へも目配りしている点にも好感。

19世紀末から戦後へ、イスラエル建国をはさむ世界史的な激動を生きた思想家ブーバーとショーレム。交錯する二人の軌跡には宗教と政治の、あるいはナショナリズムと普遍精神の葛藤が色濃く映し出されている。さらに20世紀末の歴史家論争を契機とするショーレム超克の動向―生存を賭けた思想闘争のダイナミックスに、凝縮された今日の課題を読む。

第1章 東方ユダヤ神秘主義と西欧;
第2章 ブーバーの神秘主義;
第3章 ユダヤ教神秘主義とグノーシス主義;
第4章 ショーレムのカバラ論総論;
第5章 ショーレムのメシアニズム―シャブタイ主義;
第6章 ショーレム以後のユダヤ学;
第7章 アーレントとショーレム;
第8章 ポスト・シオニズムと歴史家論争



ブーバーとショーレム ユダヤの思想とその運命
岩波書店
上山 安敏

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

上山安敏『ブーバーとショーレム――ユダヤの思想とその運命』岩波書店 早尾貴紀:本のことなど/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる