テーマ:社会問題

本人意思確認なしの脳死・臓器移植ーー恐ろしい社会の到来

森岡正博、『生命学に何ができるか――脳死・フェミニズム・優生思想』、勁草書房、2001年 立岩真也、『弱くある自由へ――自己決定・介護・生死の技術』、青土社、2000年  とうとう本人の同意なしの脳死・臓器移植が始まりました。とんでもない恐ろしい社会の到来です。  まだ若い自分の子どもが突然の交通事故で瀕死の重体になっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more