テーマ:人権

沖縄発の雑誌から生まれたアイヌ・部落・反差別の本、竹内渉『北の風 南の風』

竹内渉『北の風 南の風ーー部落、アイヌ、沖縄。そして反差別』、解放出版社、2009年  ここでも何度か紹介してきた沖縄からの雑誌『けーし風』連載の記事を中心にまとめた一冊。約15年間も書き継がれた文章を中心に、テーマ別に再配列。『けーし風』には、日本の、世界の、さまざまな地域の運動を紹介する「北の風 南の風」という欄があり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

裁判員、冤罪、死刑急増でどうする? 伊藤和子・寺中誠『裁判員と死刑制度』(新泉社)

伊藤和子・寺中誠『裁判員と死刑制度――日本の刑事司法を考える』(新泉社、2010年)  オビより つぎつぎと下される死刑判決、明らかになる冤罪事件、 その中での裁判員制度の施行……。 いま、この国の刑事司法は、どこへ向かおうとしているのか。 冤罪事件に精力的に取り組む弁護士、伊藤和子氏と アムネスティ・インターナ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「爆笑問題」の田中裕二氏の前妻の妊娠・出産で、『離婚後300日問題 無戸籍児を救え!』に注目を

毎日新聞社会部、『離婚後300日問題 無戸籍児を救え!』(明石書店、2008年)    芸能ニュースには関心がないのだが、、以下のニュースが目に留まった。 爆問・田中、元妻が出産間近…法律上実子に  3月18日8時0分配信 スポーツ報知  お笑いコンビ・爆笑問題の田中裕二(45)と昨年10月に離婚した元妻(…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

民主党が戸籍廃止を検討?!――佐藤文明『戸籍って何だ』ぐらいは読みましょう

佐藤文明『戸籍って何だ――差別をつくりだすもの』、緑風出版、2002年  昨日の日経のニュースによると、民主党の議員有志が、個人単位の登録制度をつくるために、戸籍制度の廃止を含めた制度の見直しを考える議員連盟を発足させるという(30人程度)。  この議員らが「個人単位の登録」によって何を目指しているのかなど、もう少し深い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「政権」交代騒ぎのなかで、また千葉景子法務大臣就任のなかで、『主権のかなたで』(鵜飼哲)を読み返す

鵜飼哲、『主権のかなたで』、岩波書店、2008年  世の中は、政権交代、鳩山新内閣発足で、騒がしくなっています。  ちょっと注目は、千葉景子氏の法務大臣就任。死刑廃止を持論とする方で、アムネスティ議員連盟の事務局長でもあります。バリバリの社会党出身者で、どうしてこんな人事がありえたのか不思議でもありますが、知人に言わせた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

共生、人権、市民権、多文化主義、マイノリティ、などの問題を考えるために――金泰明氏の二著

金泰明、 『マイノリティの権利と普遍的概念の研究――多文化的市民権と在日コリアン』(トランスビュー、2004年)、 『共生のための二つの人権論』(トランスビュー、2006年)  前回に引き続き、金泰明さんの著書を紹介。  彼には、博士論文を書籍化した『マイノリティの権利と普遍的概念の研究――多文化的市民権と在日コリア…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

戸籍制度がつくりだす排除と差別――坂本洋子『法に退けられる子どもたち』

坂本洋子、『法に退けられる子どもたち』、岩波ブックレット、2008年  以前に紹介した、『離婚後300日問題 無戸籍児を救え!』(毎日新聞社会部編著、明石書店刊行、2008年)で扱われていた範囲よりも、さらに広く、戸籍/国籍制度の問題と、婚外子差別問題まで扱ったもの。  つまり、戸籍制度そのものが理不尽で差別的であるのだ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『離婚後300日問題 無戸籍児を救え!』――政治を動かした毎日新聞のキャンペーン報道

毎日新聞社会部、『離婚後300日問題 無戸籍児を救え!』(明石書店、2008年)  「戸籍」という世界でも特異なイエ制度的家系登録制度について、どれぐらいの人が疑問をもっているのだろうか。戸籍は住民登録でも出生地登録でもない。事実、生まれてこのかた一度もそこに住んだことがない場所に戸籍がある人は、周りにいくらでもいるだろう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「無国籍者」から問い直す国家主権ーーバトラー/スピヴァク『国家を歌うのは誰か?』

ジュディス・バトラー/ガヤトリ・スピヴァク、『国家を歌うのは誰か?ーーグローバル・ステイトにおける言語・政治・帰属』、竹中和子訳、岩波書店、2008年  この本は、アーレントにおける「無国籍」問題を切り口に、理論的には、グローバル資本主義世界における国民概念や国家主権を問い直す、というもの。それにしても、バトラー&スピヴァ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

パレスチナ人女性政治犯から考える「占領・ジェンダー・人権」ーー『Women in Struggle』

『Women in Struggleーーパレスチナ 占領・ジェンダー・人権を考える』(WiSEC、2008年)  この本は、ブサイナ・ホーリー監督のドキュメンタリー映画『Women in Struggleーー目線』(パレスチナ、2004年、56分)という映画の全国上映・監督講演会をきっかけに、京都の上映・講演会を主催した岡…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more