テーマ:マイノリティ

7月26日、臼杵陽編『ディアスポラから世界を読む――離散を架橋するために』合評会シンポジウム

臼杵陽(監修)/赤尾光春・早尾貴紀(編) 『ディアスポラから世界を読む――離散を架橋するために』 明石書店、2009年  先日刊行されたばかりの『ディアスポラから世界を読む――離散を架橋するために』の合評会シンポジウムが、今度の日曜日7月26日に東京で開催されます。ぜひご参加を!  評者には、移民研究・グローバリ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

生老病死を通じた「共生」を主眼とした移民政策論――『移民政策へのアプローチ』

川村千鶴子・近藤敦・中本博皓(編)、『移民政策へのアプローチ――ライフサイクルと多文化共生』、明石書店、2009年  第一部は、編者三人による導入。川村「なぜライフサイクルなのか」、近藤「移民政策」、中本「人口減少と外国人労働者」。  第二部が「移民の人生――ライフサイクルにそった多文化共生論」  ・ともに生まれる …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

臼杵陽監修/赤尾光春・早尾貴紀編『ディアスポラから世界を読む』(明石書店)、ついに刊行!

臼杵陽(監修)/赤尾光春・早尾貴紀(編) 『ディアスポラから世界を読む――離散を架橋するために』 明石書店、2009年  二年前に同タイトルでワークショップをおこないました。そのときから論集化を前提として、完成度の高い報告・草稿と討議を積み重ねてきました。満を持しての刊行です。(担当の兵頭さん、ありがとうございました!…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ナショナリズムの来歴と行方について「公共圏」をキーワードに考える論集

佐藤成基(編)、『ナショナリズムとトランスナショナリズム――変容する公共圏』、法政大学出版局、2009年  知人が寄稿した論集なので紹介。知人は、第6章の鶴見太郎さんと第15章の岡野内正さん。  鶴見さんは、ロシア出自のシオニストたちが、いかにして「ユダヤ人」のネーション概念を発展させていったのかを、国際関係やパレスチナ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ディアスポラ」の理論化と応用への試み――野口道彦他『批判的ディアスポラ論とマイノリティ』

野口道彦/戴エイカ/島和博(著)、  『批判的ディアスポラ論とマイノリティ』、    明石書店、2009年 【もくじ】 第1章 戴エイカ ディアスポラ          ーー拡散する用法と研究概念としての可能性 第2章 戴エイカ アフリカン・ディアスポラ研究の展開 第3章 戴エイカ 在日コリアン青年の学びあう場…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本語で唯一のドルーズについての概説書ーー宇野昌樹『イスラーム・ドルーズ派』

宇野昌樹、『イスラーム・ドルーズ派ーーイスラーム少数派からみた中東社会』(中東パレスチナ選書)、第三書館、1996年  前の記事で、パレスチナの代表的な抵抗詩人で、かつマイノリティであるドルーズでもあるサミーハ・アル=カーシムの詩集を紹介しました。ダルウィーシュの旧友で、またダルウィーシュと双璧をなしたパレスチナの詩人です…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more