テーマ:ディアスポラ

二重三重のディアスポラ――在日コリアンの枠に収まらない多言語小説『キムチ』

ウーク・チャング『キムチ』(岩津航訳、青土社、2007年)  作者は日本生まれの朝鮮人、いわゆる「在日」として生まれるが、幼くして家族でカナダのケベック州に移住。のちに日本の大学に二年間ほど留学をしている。(元)在日コリアンであるとはいえ、日本語も韓国語も不自由であり、別の二重言語圏であるケベック州に育ったことから、第…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more