福島で内部被曝について講演決定ーー矢ヶ崎克馬『隠された被曝』

矢ヶ崎克馬、『隠された被曝』、新日本出版社、2010年

画像


 福島原発事故のもたらした被曝危機について、内部被曝の専門家である矢ヶ崎克馬氏が、5月17日に福島県郡山市に来られて、講演をされます。というか、私が発案して依頼しました。

 文科省は、子どもにまで原発作業員並みの被曝(年換算20ミリシーベルト)で我慢しろと強要し、しかも内部被曝については考慮するに値しないと断言しました。ニッポンは最悪の国家だと思います。
 とばかり嘆いていても仕方ありませんので、できることをしなければ!

 その一つが、講演会「内部被曝を避けるために――怒りを胸に、楽天性を保って、最大防御を」であるわけです。

 宣伝協力もぜひお願いします。

にほんブログ村 本ブログ 学術・専門書へ


隠された被曝
新日本出版社
矢ヶ崎 克馬

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 隠された被曝 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル