7月26日、臼杵陽編『ディアスポラから世界を読む――離散を架橋するために』合評会シンポジウム

臼杵陽(監修)/赤尾光春・早尾貴紀(編)
『ディアスポラから世界を読む――離散を架橋するために』
明石書店、2009年


画像


 先日刊行されたばかりの『ディアスポラから世界を読む――離散を架橋するために』の合評会シンポジウムが、今度の日曜日7月26日に東京で開催されます。ぜひご参加を!

 評者には、移民研究・グローバリゼーション研究で著名な伊豫谷登士翁さん、ここ最近の記事で何度か紹介しました崔真碩さん、そしてアジア系アメリカ人の人種表象や多文化共生論を研究されている河合優子さん、の三人にお願いしました。

 本書は、近年日本語圏でも多用されるようになってきた「ディアスポラ」という概念を軸に、さまざまな領域・方法論をもつ若手研究者らが結集して、討議を重ねることで編まれた、ディアスポラ研究の一画期をなす論集です。各分野の気鋭の若手10人が執筆。さらには、臼杵陽・鈴木慎一郎・丸川哲史の各氏が、コメント論考を加えました。目次詳細はこちら

 (同書カバーより紹介文)
  「ディアスポラ」から世界を読み解く。
  西洋近代において周縁化された
  ユダヤ、アルメニア、ブラック・アトランティックから、
  東アジアの歴史空間を浮動する
  回族、華僑、朝鮮、在日、沖縄・奄美まで、
  国民国家に回収されない人びとの離散を架橋する、
  脱領域的「ディアスポラ学」の試み。

合評会シンポジウムの案内

【日時】2009年7月26日(日)14:00-17:00
【会場】東京麻布台セミナーハウス大会議室(地図はここ
 (港区麻布台1-11-5/日比谷線神谷町駅から東京タワー方向へ徒歩3分) 
【入場】無料

【ゲスト・コメンテーター】
伊豫谷登士翁(一橋大学:移民研究/世界経済論)
 『移動から場所を問うーー現代移民研究の課題』(有信堂、2007年)、
 『グローバリゼーションとは何か』(平凡社新書、2002年)、他

河合優子(東海大学:異文化コミュニケーション論/多文化共生論)
 「文化のハイブリッド性と多文化意識」(『「移民国家日本」と多文化共生論』明石書店、 2008年)、他
崔真碩(文学者/翻訳者/役者)
 「影の東アジアーー沖縄、台湾、そして朝鮮」(『残傷の音』岩波書店、2009年)、「「ことばの呪縛」と闘うーー翻訳、芝居、そして文学」(『異郷の日本語』社会評論社、2009年)、
 翻訳『 李箱作品集成』(作品社、2006年)、他


【リプライ】
 監修者・編者・執筆者

【主催】赤尾光春・早尾貴紀(科研)
【共催】大阪大学グローバルCOE「コンフリクトの人文学国際研究教育拠点研究」


にほんブログ村 本ブログ 学術・専門書へ

ディアスポラから世界を読む
明石書店
赤尾 光春

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ