〈脱構築〉以降の「政治」や「正義」の所在、あり方を模索ーー梅木達郎『支配なき公共性』

梅木達郎、『支配なき公共性ーーデリダ・灰・複数性』、洛北出版、2005年

画像


 『『明るい部屋』の秘密』に収録された梅木さんの「現前という狂気」を読んで、『支配なき公共性』のほうも結局読み返した(詳細目次・内容紹介は、洛北出版サイトへ)。

第一部
 崇高論をめぐって――弁証法から誇張法へ
 喪をめぐる省察――ミッシェル・ドゥギー『尽き果てることなきものへ』
 灰を読むジャック・デリダ
 テクストを支配しないために――ジャック・デリダに
第二部
 国家・無縁・避難都市
 なしくずしの共同体――集団の言説の誕生
 夢みるパレスチナ――ジャン・ジュネ『恋する虜』から
 輝ける複数性――ハイデガーからアーレントへ

 この論集に収録して並べたのは、二部構成、各4本ずつの計8本。ジャック・デリダの脱構築の思想を全体の基調として、第一部はどちらかと言うと、厳密なテクスト読解による理論、第二部はどちらかと言うと、共同体/国家/公共性などより政治的な実践を進めている。
 とりわけ最終論考の「輝ける複数性」は、梅木さんが前著『脱構築と公共性』(松籟社、2002年)での試みをさらに深化させたもの。旧著では、相対主義にとどまりかねない脱構築の思想を、「ではアーレントの公共性論で補完しましょう」といったような恣意性も感じられた。それを今度は、かなり厳密かつラディカルなアーレント読解によって、論じなおしたかたちだ。
 それを本書では、第一部からの理論検証からの延長線上に位置づけることで、その妥当性や有効性が読者によって検証されるというかたちになっている。

 私にとっても、機会あるごとに再三立ち戻って参照すべき指針となる書物である。

にほんブログ村 本ブログ 学術・専門書へ


支配なき公共性―デリダ・灰・複数性
洛北出版
梅木 達郎

ユーザレビュー:
崇高な理念はどこまで ...
崇高をめぐる思考の実 ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ