アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「ユダヤ人/ユダヤ教」のブログ記事

みんなの「ユダヤ人/ユダヤ教」ブログ

タイトル 日 時
シオニズム研究の決定版! 臼杵陽監修、赤尾光春・早尾貴紀編『シオニズムの解剖』(人文書院)
シオニズム研究の決定版! 臼杵陽監修、赤尾光春・早尾貴紀編『シオニズムの解剖』(人文書院) 臼杵陽監修、赤尾光春・早尾貴紀編『シオニズムの解剖ーー現代ユダヤ世界におけるディアスポラとイスラエルの相克』(人文書院、2011年) ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/12/07 01:41
ボヤーリン兄弟に続いて、シオニズムに抵抗するユダヤ教解釈、ラブキン『トーラーの名において』
ボヤーリン兄弟に続いて、シオニズムに抵抗するユダヤ教解釈、ラブキン『トーラーの名において』 ヤコヴ・ラブキン『トーラーの名において――シオニズムに対するユダヤ人の抵抗の歴史』、菅野賢治訳、平凡社、2010年 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/04/08 19:59
ユダヤ人、ホロコースト、イスラエル、、、『プリーモ・レーヴィは語る』
ユダヤ人、ホロコースト、イスラエル、、、『プリーモ・レーヴィは語る』 マルコ・ベルポリーティ編『プリーモ・レーヴィは語る――言葉・記憶・希望』多木陽介訳、青土社、2002年 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/03/17 23:14
サラ・ロイ『ホロコーストからガザへ』(青土社)、重版!!
サラ・ロイ『ホロコーストからガザへ』(青土社)、重版!! サラ・ロイ『ホロコーストからガザへ――パレスチナの政治経済学』(岡真理・小田切拓・早尾貴紀=編訳、青土社、2009年) ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/03/13 23:39
今日の朝日新聞の書評で、サラ・ロイ『ホロコーストからガザへ』が取り上げられました
今日の朝日新聞の書評で、サラ・ロイ『ホロコーストからガザへ』が取り上げられました サラ・ロイ『ホロコーストからガザへ――パレスチナの政治経済学』 (岡真理、小田切拓、早尾貴紀=編訳、青土社、2009年、2600円) ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/01/17 13:28
エルサレムで聖書についての対談を読む――これは池澤夏樹ではなく秋吉輝雄の本だろう
エルサレムで聖書についての対談を読む――これは池澤夏樹ではなく秋吉輝雄の本だろう 池澤夏樹『ぼくたちが聖書について知りたかったこと』小学館、2009年 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/01/15 07:54
サラ・ロイ『ホロコーストからガザへ――パレスチナの政治経済学』(青土社)、刊行です
サラ・ロイ『ホロコーストからガザへ――パレスチナの政治経済学』(青土社)、刊行です サラ・ロイ『ホロコーストからガザへ――パレスチナの政治経済学』 (岡真理、小田切拓、早尾貴紀=編訳、青土社、2009年、2600円) ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/11/24 09:03
イスラエルが建国失敗しユダヤ人が再ディアスポラした世界で――小説『ユダヤ警官同盟』(新潮文庫)
イスラエルが建国失敗しユダヤ人が再ディアスポラした世界で――小説『ユダヤ警官同盟』(新潮文庫) マイケル・シェイボン『ユダヤ警官同盟(上・下)』、黒原敏行訳、新潮文庫、2009年 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/06/03 11:06
ローゼンツヴァイク『救済の星』の格好の副読本、村岡晋一『対話の哲学』(選書メチエ)
ローゼンツヴァイク『救済の星』の格好の副読本、村岡晋一『対話の哲学』(選書メチエ) 村岡晋一著、『対話の哲学――ドイツ・ユダヤ思想の隠れた系譜』、講談社選書メチエ、2008年 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/05/16 00:56
執筆から90年、ローゼンツヴァイクの大著『救済の星』がとうとう完訳刊行!
執筆から90年、ローゼンツヴァイクの大著『救済の星』がとうとう完訳刊行! フランツ・ローゼンツヴァイク、『救済の星』、 村岡晋一・細見和之・小須田健=訳、みすず書房、2009年 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/05/15 02:43
イスラエル国家についての正確でかつバランスのとれた「教科書」――臼杵陽『イスラエル』岩波新書
イスラエル国家についての正確でかつバランスのとれた「教科書」――臼杵陽『イスラエル』岩波新書 臼杵陽、『イスラエル』、岩波新書、2009年 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/05/07 06:08
排他的ナショナリズムのはざまで消滅したユダヤ人共同体の歴史――野村真理『ガリツィアのユダヤ人』
排他的ナショナリズムのはざまで消滅したユダヤ人共同体の歴史――野村真理『ガリツィアのユダヤ人』 野村真理、『ガリツィアのユダヤ人――ポーランド人とウクライナ人のはざまで』、人文書院、2008年 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/01/14 22:47
『思想』でレオ・シュトラウスの画期的特集!
『思想』でレオ・シュトラウスの画期的特集! 『思想』(岩波書店)2008年10月号 「総特集:レオシュトラウスの思想」 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/10/30 15:43
ユダヤ人と宗教と国家をめぐる広範な論集『ユダヤ人と国民国家』
ユダヤ人と宗教と国家をめぐる広範な論集『ユダヤ人と国民国家』 市川裕、臼杵陽、大塚和夫、手島勲矢(編)『ユダヤ人と国民国家――「政教分離」を再考する』岩波書店、2008年 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/10/28 01:23
書評誌二紙がボヤーリン兄弟『ディアスポラの力』をとりあげるーー合田正人氏と上野俊哉氏
書評誌二紙がボヤーリン兄弟『ディアスポラの力』をとりあげるーー合田正人氏と上野俊哉氏 ジョナサン・ボヤーリン、ダニエル・ボヤーリン(著) 『ディアスポラの力ーーユダヤ文化の今日性をめぐる試論』  赤尾光春・早尾貴紀(訳)、平凡社、2008年 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/09/06 23:54
書評専門誌で早尾貴紀『ユダヤとイスラエルのあいだ』をとりあげていただきました
書評専門誌で早尾貴紀『ユダヤとイスラエルのあいだ』をとりあげていただきました  書評専門誌2つ、『週刊読書人』および『図書新聞』で早尾貴紀『ユダヤとイスラエルのあいだーー民族/国民のアポリア』(青土社、2008年)を取り上げていただきました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/07/24 17:02
ユダヤ・ディアスポラの普遍化可能性に向けてーーボヤーリン兄弟『ディアスポラの力』
ユダヤ・ディアスポラの普遍化可能性に向けてーーボヤーリン兄弟『ディアスポラの力』 ジョナサン・ボヤーリン、ダニエル・ボヤーリン(著) 『ディアスポラの力ーーユダヤ文化の今日性をめぐる試論』  赤尾光春・早尾貴紀(訳)、平凡社、2008年 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/06/18 02:45
「ユダヤ人」としてのアイデンティティを「国家」思想から引き剥がす思想形成の旅
「ユダヤ人」としてのアイデンティティを「国家」思想から引き剥がす思想形成の旅 ルティ・ジョスコヴィッツ『(増補新版)私のなかの「ユダヤ人」』(現代企画室、2007年) ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/05/26 06:06

トップへ | みんなの「ユダヤ人/ユダヤ教」ブログ

早尾貴紀:本のことなど ユダヤ人/ユダヤ教のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる