アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「生命倫理」のブログ記事

みんなの「生命倫理」ブログ

タイトル 日 時
本人意思確認なしの脳死・臓器移植ーー恐ろしい社会の到来
本人意思確認なしの脳死・臓器移植ーー恐ろしい社会の到来 森岡正博、『生命学に何ができるか――脳死・フェミニズム・優生思想』、勁草書房、2001年 立岩真也、『弱くある自由へ――自己決定・介護・生死の技術』、青土社、2000年 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/08/10 19:44
「妊娠」そのものが直接的に個々人に迫る生命倫理的な問いかけ――『妊娠』(洛北出版)
「妊娠」そのものが直接的に個々人に迫る生命倫理的な問いかけ――『妊娠』(洛北出版) 柘植あづみ、菅野摂子、石黒眞里『妊娠――あなたの妊娠と出生前検査の経験をおしえてください』洛北出版、2009年 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/03/20 06:32
脳死者が切り捨てられた。では脳性マヒは?――横塚晃一『母よ! 殺すな』/立岩真也『自由の平等』
脳死者が切り捨てられた。では脳性マヒは?――横塚晃一『母よ! 殺すな』/立岩真也『自由の平等』 横塚晃一、『母よ! 殺すな』、生活書院、2007年 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/06/22 22:57
臓器移植法案可決に際して、自己決定/代理決定について考える――立岩真也『弱くある自由へ』、他
臓器移植法案可決に際して、自己決定/代理決定について考える――立岩真也『弱くある自由へ』、他 立岩真也、『弱くある自由へ――自己決定・介護・生死の技術』、青土社、2000年 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/06/20 16:09
心底寒気を覚える脳死臓器移植法案可決という事態――森岡正博『生命学に何ができるか』
心底寒気を覚える脳死臓器移植法案可決という事態――森岡正博『生命学に何ができるか』 森岡正博、『生命学に何ができるか――脳死・フェミニズム・優生思想』、勁草書房、2001年 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/06/18 14:29

トップへ | みんなの「生命倫理」ブログ

早尾貴紀:本のことなど 生命倫理のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる