早尾貴紀:本のことなど

アクセスカウンタ

zoom RSS 不在の/不可視のパレスチナ人から見直すシオニズムーー田浪亜央江『〈不在者〉たちのイスラエル』

<<   作成日時 : 2008/07/01 10:50   >>

トラックバック 0 / コメント 0

田浪亜央江、『〈不在者〉たちのイスラエルーー占領文化とパレスチナ』、インパクト出版会、2008年

画像


 この田浪さんのルポルタージュは、イスラエル社会について日本語で書かれたもののなかで、最も鋭い観察と批判だと思います。
 世間では、『ありのままのイスラエル』とかいう本当にしょうもない駄本が岩波現代文庫にまで入っていたり、あるいは諜報機関モサド本が溢れていたり。あとは、イスラエルにはユダヤ人しか存在しないかのような、イスラエル社会論とユダヤ文化論の違いもわかっていない本が多かったり。さらには、「聖書の地」として無条件に感動して帰ってきて書かれたイスラエル訪問記とか。
 とにかく、イスラエル国家について書かれているまともな日本語の本が少ないのです。そうしたなかで、「不在者」の視点を強く意識した田浪さんのルポは傑出していると思います。

「不在者」というのは、イスラエルが建国されたことによって追放されたパレスチナ難民たちと、それから、「ユダヤ人国家」内部のマイノリティとして不可視化されているパレスチナ人(イスラエル・アラブ)、この二重の意味がかけてあります。難民/二級市民として「不在者」とされているパレスチナ人たち。

「不在のもの/不可視のもの」を知覚するには、センスだけではできません(人間の「センス」のなんと頼りにならないことか!)。現地の言語、正確な歴史的知識、政治的な判断、自己のポジションへの自省、そして長い滞在と時間をかけた人間づきあい。こうしたすべてが必要ですが、それらが一人の人間に備わることはそうあるものではありません。その総合によって、田浪さんのたぐい稀なるルポルタージュは生み出されました。
 イスラエル国家を、つまりその社会と文化を知るには、実はイスラエルを構成している「不在」をこそ知らなくてはなりません。これは、イスラエル対パレスチナという「対立している両者」をバランスよく見るという意味では、けっしてありません。そうではなく、イスラエルがパレスチナの否定と隠蔽の上に成り立っていること、否定と隠蔽を内在化させることでこそ、イスラエルたりえていること、この構造を理解するということです。
「〈不在者〉たちのイスラエル」という本書のタイトルは、このことを端的に表しています。

 他者の文化を語ることの困難さををふまえた慎重な筆致のなかに、著者の戸惑いや苛立ちや共感などが率直に表明されており、そこには、筆者自身の立場や場合によっては偏見に対する相対化や反省も込められています。
 また、たんに文献にもとづく文化論や政治論ではなく、日常生活の出来事から思考を凝らしているところも、ひじょうに大切な作業だと思います。

 イスラエル/パレスチナについて、現段階では本書を超える洞察を備えたものは日本語圏ではないと思います。必読です。

【追記】
 田浪さんとは、ミーダーンの仲間としてイラン・パペ講演集『イラン・パペ、パレスチナを語る』(つげ書房新社)をいっしょに制作しました。こちらも併せて推薦!

にほんブログ村 本ブログ 学術・専門書へ


〈不在者〉たちのイスラエル―占領文化とパレスチナ
インパクト出版会
田浪 亜央江

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

不在の/不可視のパレスチナ人から見直すシオニズムーー田浪亜央江『〈不在者〉たちのイスラエル』 早尾貴紀:本のことなど/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる